無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第15話

第15話
クリスマスイブの日の朝、藍沢はヘリポート周辺で朝のランニングをしていた。
白石恵
白石恵
耕作。
藍沢耕作
藍沢耕作
おっ、恵!
白石恵
白石恵
おはよ。
藍沢耕作
藍沢耕作
おはよ。なんだ、昨日帰れなかったのか?当直じゃなかったろ?
白石恵
白石恵
うん、まぁね。フライトとか患者さんのカルテ記録してたら、終電逃しちゃってさ。
藍沢耕作
藍沢耕作
あんまり無理するなよ。
白石恵
白石恵
うん。はい、これ。
藍沢耕作
藍沢耕作
サンキュ。
白石恵
白石恵
ランニング終わった後のコーヒーは合わなかったかな?スポーツドリンクとかの方が良かった?
藍沢耕作
藍沢耕作
いや、全然いいよ。
2人はヘリを見つめながら缶のコーヒーのフタを開け1口飲んだ。
藍沢耕作
藍沢耕作
あ、なぁ、今日は定時で上がって、飲みに行こ!クリスマスイブだし。
白石恵
白石恵
もちろん!
藍沢耕作
藍沢耕作
よし!じゃあそろそろ戻るか。俺、スクラブに着替えないといけないし。
白石恵
白石恵
そうだね。
その後、カンファレンスを行い。1日の戦場に立った。




プルルル、プルルル、プル、ガチャ
白石恵
白石恵
はい、こちら翔北救命センターです。
消防隊員
こちら、〇〇消防、ドクターヘリ要請です。
20代女性、横断歩道を自転車で渡っていたところ、信号無視をした車と衝突。頭を強く打っている模様です。
町田 響子
町田 響子
👍
白石恵
白石恵
わかりました。出動します。(電話を切り)
頭部外傷だから、灰谷先生に代わって、藍沢先生行って。
藍沢耕作
藍沢耕作
わかった。
町田 響子
町田 響子
ドクターヘリ、エンジンスタート。ドクターヘリ、エンジンスタート。
緋山、藍沢、救命バッグを持った雪村はヘリへ乗り込み現場に向かった。


到着し。
消防隊員
お願います!
藍沢耕作
藍沢耕作
わかりました。
藍沢耕作
藍沢耕作
わかりますか?
20代女性
、、、
藍沢耕作
藍沢耕作
意識ないな。
緋山美帆子
緋山美帆子
ラインとる。
雪村双葉
雪村双葉
はい。
藍沢耕作
藍沢耕作
瞳孔不同がある。挿管して、バーホールしよう。
雪村双葉
雪村双葉
はい。
挿管し終わり。
緋山美帆子
緋山美帆子
患者さんの所持品はこれだけですか?
消防隊員
はい!
緋山はラインを取り終わり、
緋山美帆子
緋山美帆子
こっち、ライン取り終わった。
藍沢耕作
藍沢耕作
消毒
雪村双葉
雪村双葉
はい。
藍沢耕作
藍沢耕作
ドレープかけて、
雪村双葉
雪村双葉
はい。
藍沢耕作
藍沢耕作
メス。
その後、バーホールが終わり血腫にもメスを入れとりあえずは一命を取り留めた。
藍沢耕作
藍沢耕作
よし、搬送しよう。
雪村双葉
雪村双葉
はい。
緋山美帆子
緋山美帆子
ストレッチャーとってくるわ。
藍沢耕作
藍沢耕作
おう。
緋山美帆子
緋山美帆子
雪村、代わって、
雪村双葉
雪村双葉
はい。
患者をヘリへと運び
藍沢耕作
藍沢耕作
こちら翔北ドクターヘリ、20代女性頭を強打、瞳孔不同があり、現場にてバーホールをした。
後、右腕の骨折の為、固定もした。心拍121、血圧109/70、サチュレーション酸素70%吸わせて98
藤川一男
藤川一男
(ホワイトボードにメモしながら)了解