無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

349
2021/06/30

第2話

💗🎮🖤
ゲームが始まってからというものあいつは今まで以上にしつこくなった
京本大我
京本大我
松村せんぱ〜い
ほらまた来たよ
京本大我
京本大我
おはようございます!!
松村北斗
松村北斗
朝から騒がしいな
京本大我
京本大我
えへへ
京本大我
京本大我
あ!!先輩
京本大我
京本大我
今日の昼空いてます?
松村北斗
松村北斗
うん
京本大我
京本大我
じゃあ、屋上来てください
松村北斗
松村北斗
え、なんdッ
京本大我
京本大我
じゃあ!!
俺まだ何も言ってないんだけど
ったく,めんどくせぇな





_昼_
俺は後々面倒な事になるのは避けたかったから屋上に向かった
俺が屋上のドアを開けるとあいつと知らない男がいた
知らない男は俺を睨みつけて出ていった
松村北斗
松村北斗
京本、誰あの人?
京本大我
京本大我
実はあの人に何回も告白されてて
京本大我
京本大我
断っているんですけど
京本大我
京本大我
しつこくて…
京本大我
京本大我
それで、松村先輩に相談しようかと思って……
松村北斗
松村北斗
それで俺を呼んだんだ
京本大我
京本大我
はい…
なぜか俺はさっきの知らないやつに無性に腹がたっていた
松村北斗
松村北斗
なんもされてない?
京本大我
京本大我
はい、でも…
京本大我
京本大我
いや、なんでもないです
松村北斗
松村北斗
ほんとに?
京本大我
京本大我
はい
松村北斗
松村北斗
なんかあったら言えよ
本当に大丈夫なのか?
ってなんで俺,こんなにこいつの事で頭がいっぱいになってるんだ?