無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

295
2021/07/02

第7話

💗🎮🖤
2人で1つの傘に入ってるからやけに距離が近い
俺から誘ったくせに気まづくて黙ってしまった
すると京本が沈黙を破った
京本大我
京本大我
先輩?
京本大我
京本大我
先輩が卒業したら、俺らってただの他人になっちゃうんですか?
松村北斗
松村北斗
え?
京本大我
京本大我
だって、卒業したらゲーム終わっちゃうし…
松村北斗
松村北斗
なにお前が負けみたいになってんだよ
松村北斗
松村北斗
お前が俺に勝てばいい話だろ?
京本大我
京本大我
そうですけど…
京本大我
京本大我
自信ないです……
京本大我
京本大我
どうすれば先輩が振り向いてくれるのか俺には分かんない
俺も自分がこいつの事をどう思っているのか分からなかった
少なくとも意識はしてしまう自分がいる
でもこれがどんな感情なのか分からない
俺,どうかしてるよ
松村北斗
松村北斗
俺は今、お前の方が有利だと思うけど
京本大我
京本大我
どういうことですか?
松村北斗
松村北斗
さーねw
京本大我
京本大我
もう(  ー̀ н ー́ )
頬を膨らませてこっちを睨んでくる
それが微笑ましくてつい笑ってしまった
松村北斗
松村北斗
ははw
京本大我
京本大我
笑ってないで教えてください!!
松村北斗
松村北斗
嫌だねw
こんな時間がいつまでも続けばいいのに…
なんて思ってしまった俺はやっぱどうかしてるな