無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

254
2021/07/12

第15話

💗🎮🖤
俺は少しでも京本と距離を縮めたい一心で,学校ですれ違うたびに声をかけた
松村北斗
松村北斗
あ、京本おはよう
京本大我
京本大我
…
京本が返事をすることはなかったが,俺は声をかけ続けた




_数日後_
松村北斗
松村北斗
おはよう京本
どうせまた返事してくれない…
そう思っていると
京本大我
京本大我
あの、
京本大我
京本大我
なんでそんなに俺に付きまとうんですか?
松村北斗
松村北斗
え?
京本大我
京本大我
ちょっと話したい事があります
松村北斗
松村北斗
わかった
俺は京本に連れられて人通りの少ない公園に来た
松村北斗
松村北斗
話って?
京本大我
京本大我
もう、俺に構わないでください
松村北斗
松村北斗
なんで?そんなに俺の事嫌いになった?
京本大我
京本大我
それは…
松村北斗
松村北斗
ただ京本の笑顔が見たい、また一緒に居たい
そう思うことがそんなにダメ?
京本大我
京本大我
え…?
松村北斗
松村北斗
お前に何があったのかなんて知らないし、お前の気持ちなんてわかんない
松村北斗
松村北斗
けど、少しでも京本の力になりたい
そう思うことはそんなにいけないこと?
俺は自分の思っていることを全て吐き出した
京本大我
京本大我
俺、怖かったんです
松村北斗
松村北斗
?
京本大我
京本大我
先輩が俺のこと好きじゃなくても、一緒に居られるだけ幸せだった
京本大我
京本大我
でも卒業式の日、先輩の気持ちを聞いたら先輩が遠くに行ってしまうような気がして、
京本大我
京本大我
だったら自分から終わらせようって…
せっかく終わらせたのに
京本大我
京本大我
そんなことしても無駄だった…
京本大我
京本大我
だって同じ学校に先輩が居るんだもん
京本は泣きそうになりながら話してくれた
そんな京本を見てるといつの間にか抱きしめていた