無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第51話

一通の手紙
射命丸文
射命丸文
一体狂剣士の正体は誰なんだろう


さっきからずっと考えている
霊夢さんも知らなかった


こうなったら行き当たりばったりで取材するしか…
そう思い下を向くと3人組の少女がいた
射命丸文
射命丸文
あれは…ちょっと行きますか
------------------------------------
射命丸文
射命丸文
こんにちは
あなた
あなた
射命丸さんこんにちは
宇佐見蓮子
宇佐見蓮子
わぁ!
マエリベリー・ハーン
マエリベリー・ハーン
びっくりした…急に降ってきて…
射命丸文
射命丸文
皆さんお出かけですか?
あなた
あなた
2人を人里に案内してるところです
射命丸文
射命丸文
そうだったんですね
それではお気をつけて
宇佐見蓮子
宇佐見蓮子
はいありがとうございます!
------------------------------------
気の所為か
あの3人から昔嗅いだことある


甘い匂い


これは…アリスさんの…


そう考えていた時うどんげさんが下にいたのが見えた


霊夢さんと一緒に
射命丸文
射命丸文
珍しいペアですね
鈴仙・優曇華院・イナバ
鈴仙・優曇華院・イナバ
あ…射命丸さん
博麗霊夢
博麗霊夢
…そろそろかしら
射命丸文
射命丸文
どうしたんですか?二人とも
霊夢さんは話してくれた狂剣士について


ほか色々


そして私にお願いしたこと…それは
博麗霊夢
博麗霊夢
このことを記事に書かないこと
そして
博麗霊夢
博麗霊夢
妖夢にこれを渡してきて欲しいの
Rからって
そう言って渡してきたものは一通の手紙だった
射命丸文
射命丸文
分かりました
そう言って私は白玉楼を目指した