無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第10話

部活で
あなたside
私はチア部の部長です
3年生の部員いないもんで💦
あなた
あなた
じゃあ練習するよー
「はい」
あなた
あなた
昨日のところからね
あなた
あなた
もうちょっと声出した方が迫力あっていいかも
「はい」
ゆあ
ゆあ
あのさ振り全然覚えてないよね。家で振り確認するぐらいできない?
「できますすいません」
ゆあ
ゆあ
気を引き締めてやって
あなた
あなた
ゆあちょっと言い方考えよ
ゆあ
ゆあ
あなたがさ優しく言うからこの子たちだって伸びないんでしょ
あなた
あなた
だからって言いすぎるのも
ゆあ
ゆあ
あなたも大会近づいてるのわかってるよね
あなた
あなた
わかってるけど
ゆあ
ゆあ
あんたも気を引き締めなよ
あなた
あなた
この子たちだって頑張ってるし
ゆあ
ゆあ
ちょっと考え方変えた方がいいよ
あなた
あなた
わかったちょっと外行くから
ゆあ
ゆあ
え、ちょっ
屋上で
あなた
あなた
はぁーグスッ
「そんな格好してたらパンツ見えんで」
あなた
あなた
たく!!
拓哉
拓哉
どうしたん?
あなた
あなた
いや、なんでもない
拓哉
拓哉
一人で溜め込まんといて
あなた
あなた
てかなんでたくいるの
拓哉
拓哉
あなたの後輩ちゃんたちが泣きながらあなた先輩がって
拓哉
拓哉
来たから
あなた
あなた
え、私戻らないと
拓哉
拓哉
ギュ(手掴んでバックハグ)
あなた
あなた
たく?\\\
拓哉
拓哉
俺は可愛いくて優しいあなたに惚れたんやから
拓哉
拓哉
今のままで大丈夫やで
あなた
あなた
ありがとう
拓哉
拓哉
頑張ってな
あなた
あなた
うん!
体育館で
あなた
あなた
ごめんなさい
あなた
あなた
でも私は今の方針変える気ないから
ゆあ
ゆあ
あなたがその気なら付いてくしかないね
あなた
あなた
ありがとう