無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

10話
碧side
パンダ
パンダ
じゃあ電気消すぞ~
禪院 真希
禪院 真希
おう。
パチッ

そんな音と共に電気が消える
数十分後 皆の寝息が聞こえる
雪原 碧
さ、行くか
私は暖まった布団からでて、いつもの場所に行く。
~~
雪原 碧
おはよ。
ここが1番安全で誰にもバレずに会話できるところ
孤爪 研磨
孤爪 研磨
『うん。おはよう。っていってもそっちは夜でしょ?』
雪原 碧
そうだね
研磨といると楽しい…いつも研磨からはゲームのクリアの仕方や新作ゲームの事など私が知らないことを教えてもらっていた
雪原 碧
今日は珍しく早起きだね
孤爪 研磨
孤爪 研磨
『碧と二人っきりで喋れるときってあんまり無いじゃん。』
そんな理由で頑張れるならバレーももっと本気で頑張って…とは無茶に言わない。

適度に頑張れ
雪原 碧
そっか。
孤爪 研磨
孤爪 研磨
『… 本当に戻ってこないの?』
雪原 碧
戻らないんじゃなくて戻れないの
私が負けず嫌いなの研磨はよく知ってるでしょ
孤爪 研磨
孤爪 研磨
『…そっか。』
雪原 碧
研磨にゲームクリアを先に越されないように頑張ってたの忘れた?
孤爪 研磨
孤爪 研磨
『ふふっ。ううん。』
やっぱり笑顔が似合うんだよ。
雪原 碧
なんでも任されたら最後までやらないときが済まないの
雪原 碧
頑張るから…頑張るから応援してね…
孤爪 研磨
孤爪 研磨
『もちろんだよ。』
うん。うん。


心強いよ。研磨…
雪原 碧
じゃあね。今日も朝練あるんでしょ?
孤爪 研磨
孤爪 研磨
『あ"っ』
忘れてたのか。
孤爪 研磨
孤爪 研磨
『じゃっ』
ポチッ
雪原 碧
フーーー
切っちゃった…切れちゃった…

もっと喋ってたかったのに、ごめんね研磨。

最後まで約束は守れないや
雪原 碧
私って本当に悪い子だな~。
今更か…
雪原 碧
あ。
五条 悟
五条 悟
ここにいたの?
※目隠しとってます。画像用意できなかったんです。すみません
雪原 碧
別にどこにいたって良いでしょ。


ほっといてよ。自信過剰バカ
五条 悟
五条 悟
なんかいった?
雪原 碧
なんにも。
なんでわかるんだよ。

怖い。
あ、五条に聞きたいことあったんだ。
雪原 碧
ねぇ。
先生?
五条 悟
五条 悟
ん?
雪原 碧
もう一人の一年って









"生きてるんでしょ?"
五条 悟
五条 悟
んな!?

いやー。バレてたかー。
何いってんの?
雪原 碧
え。
勘だけど…
五条 悟
五条 悟
え。
雪原 碧
え。
五条 悟
五条 悟
釣ったなぁぁぁぁ!?
雪原 碧
うるさい。夜だよ。
近所迷惑だ。
それに声良く響くし