無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第17話

11話
碧side
暗い階段を降りる。
丁寧に一歩ずつ。

足元が見えないから余計に怖い。
五条 悟
五条 悟
さ、ここだよ。
つれてこられたのは少しだけ明かりが見える扉の前。
感じたことのない気配…これがもうひとりの一年か…

いや、二人?
一つのからだに二つの魂が宿ってる…
雪原 碧
宿儺の器…?
五条 悟
五条 悟
そう。
ギィッ
少し錆びたような音をたてドアが開く。
雪原 碧
暗…
振り返った…
虎杖 悠仁
虎杖 悠仁
ん?
先生?隣の人誰?
キョトンとした顔で私を見てくる…
雪原 碧
サササッ
虎杖 悠仁
虎杖 悠仁
え?おれなんかした?
慣れないと怖いのに変わりはない…
五条 悟
五条 悟
あーお。
雪原 碧
ご、ごめん。つい…
虎杖 悠仁
虎杖 悠仁
声ちっさ…
分かってるて
雪原 碧
あ…
雪原碧…2年。よろしく…
虎杖 悠仁
虎杖 悠仁
え"っ!?2年!?

すいません!!
雪原 碧





別に…
身長が悪いし。←理不尽やろ!!dy.身長
雪原 碧
本当…巨人も良い趣味してんね。
五条 悟
五条 悟
んふふ。

誰が巨人だって?( ^ω^ )
皆から見れば皆巨人って言うよ。
虎杖 悠仁
虎杖 悠仁
ブフッ!
せ、先生…巨人…ww
五条 悟
五条 悟
そこぉー!!
わらわなぁーい!!
雪原 碧
うるさい。
夜中だよ。真夜中。
馬鹿なの?
雪原 碧
学習しない馬鹿…
虎杖 悠仁
虎杖 悠仁
ブフッ…ww


眠い…
ポスッ
虎杖 悠仁
虎杖 悠仁
え?
雪原 碧
ちょっとぐらい座らせてよ
虎杖 悠仁
虎杖 悠仁
いいけど…
ヤバい…眠くなってくる…
バコンッ!
雪原 碧
ビクッ!
雪原 碧
な、な、な、なに?
虎杖 悠仁
虎杖 悠仁
痛って~~。
雪原 碧


呪骸…
学長のだよね
雪原 碧
呪力の一定か…

貸して
虎杖 悠仁
虎杖 悠仁
あ、はい
五条 悟
五条 悟
ニコニコ
やっぱりふわふわだ
ぬいぐるみさすが…
雪原 碧
すやぁ
虎杖 悠仁
虎杖 悠仁
寝た!?
五条 悟
五条 悟
静かにだよ。

碧、疲れてるから
虎杖 悠仁
虎杖 悠仁
俺にはそう見えなかったんだけどなー。
五条 悟
五条 悟
青は隠すのが上手いんだね( ^ω^ )