無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第10話

7話
雪原 碧
私がサーブか。
まだ感覚がなれてないから出来るだけやりたくなかったのに…
狗巻 棘
狗巻 棘
ツナマヨ~!
雪原 碧
スッ

タタタッ

フワッ
伏黒 恵
伏黒 恵
!!!

釘崎!前!!
釘崎 野薔薇
釘崎 野薔薇
んおりゃ!
あーあ。風がこういうときに限って吹かない…

風吹くこと前提で打ったのに…


























バンッ














バシッ
伏黒 恵
伏黒 恵
!!!
雪原 碧
ナイス。狗巻さん。
最後は狗巻さんが伏黒君のボールをブロックして終了。
釘崎 野薔薇
釘崎 野薔薇
あー!くっそ!
パンダ
パンダ
ほら、片付けして悟の奢り寿司食いに行こーぜ
五条 悟
五条 悟
あ、決定事項だったんだ
狗巻 棘
狗巻 棘
しゃけ!
すじこ!
パチンッ

ハイタッチをする。
アスト
アスト
ムスッ
アストが少し拗ねながらこっちを見ている…何でだよ。
萌乃 優華(もえの ゆうか)
萌乃 優華(もえの ゆうか)
モヤッ









???
私のスマホ…


あれ?どこいった。
禪院 真希
禪院 真希
あ、スマホ探してんの?


持ってるよ。ほらよっ
雑にスマホが投げられ落としそうになる。


この世界で1つだけのスマホになんてことを…
???
すっげぇ!!
耳に響くその声は…
日向 翔陽
日向 翔陽
なぁ!影山!
見たか!?
影山 飛雄
影山 飛雄
当たり前だ。
雪原 碧
いつから…
日向 翔陽
日向 翔陽
ん?
最初の方からだぞ。
マジか…禪院さんの仕業?




そうとしか考えらんないよな。
雪原 碧
じゃ、切るから。
日向 翔陽
日向 翔陽
んおー。
じゃあな。
影山 飛雄
影山 飛雄
フリフリ
少し手をフリフリしている影山くんを最後にスマホの画面を切った。
アスト
アスト
おーーーい!
いくぞーー!
雪原 碧
あ、うん。
五条 悟
五条 悟
お前も来んの?
アスト
アスト
問題ねぇだろ。
釘崎 野薔薇
釘崎 野薔薇
はぁー。
楽しかった~!
萌乃 優華(もえの ゆうか)
萌乃 優華(もえの ゆうか)
言っとくけど明日も特訓だからね?
釘崎 野薔薇
釘崎 野薔薇
ゲ。
筋肉痛に響きそー
伏黒 恵
伏黒 恵
五条先生どこの寿司屋行くんですか
五条 悟
五条 悟
んー?ここ~。
アスト
アスト
おぉ!ここ俺行ってみたかったんだ!
禪院 真希
禪院 真希
明日もがんばんねぇとな。
狗巻 棘
狗巻 棘
しゃけ。
パンダ
パンダ
ま、いいじゃん。
久しぶりに休暇取れたんだし。
禪院 真希
禪院 真希
だな。
そんな皆の姿を見つめながら後ろを歩く。




ふと、海を見ると…キラキラと輝いている。
まぁ…"8個分"だしな。
五条 悟
五条 悟
てか、アストっていままで陸に出てこれなかったんじゃなかったの?
アスト
アスト


んなの、嘘に決まってんだろ。
お前にいじられたくねぇ。って思ってでなかっただけ
五条 悟
五条 悟
いじること無いから安心しな?
雪原 碧
フフッ












拝啓自分へ


私は今を楽しんでいます。もちろん辛いことや悲しいこともあるけれど、それを含めて楽しめていると思います。
 あと2つ。アストが完全体になるまでの個数。それまで皆には好かれ過ぎずに嫌われすぎず、曖昧を行き来します。
 自分を嫌いにならないように気をつけて生活したいと思います。
            
            by今の自分