無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,360
2018/05/12

第4話

なんで。
マホト
マホト
え?
あなた

あ!

マホト
マホト
あ。さっきの
なんでだろ、この人にもう一度会いたくて来たのに。
震えが止まらない。
目からの雫も止まらない。
怖い。人を信じる………………。
マホト
マホト
え、ちょ大丈夫?
あなた

っ………

やっぱり無理。
あなたがその場を走って立ち去る
マホト
マホト
あ、待ってよ!
あなた

やっぱり無理。私には……

これでもかと必死に走り続けて。
いつものネオン街に着いた。
この時間のネオン街は誰もいない。
(午前11:00)
静かだ。
でも夜になれば、賑やかなネオン街になる。
私の居場所は……。

相馬
相馬
どうもへきトラハウスですっ!
へきほー
へきほー
どーもー!
ジン
ジン
ども
相馬
相馬
はい、今日はですね……←企画説明
少し遠くの方で楽しそうな声がする。
とても陽気で仲間がいる。
きっとあの人達には大事な居場所が…
ジン
ジン
お嬢ちゃん。何してるの?
あなた

え?

ジン
ジン
この時間に女の子1人ネオン街
あなた

いや、

ジン
ジン
なんかあった?
あなた

あ、あの誰ですか?

ジン
ジン
あー、俺?カワグチジン
相馬
相馬
ちょっとジン君!!
へきほー
へきほー
もう行きますよー!
ジン
ジン
待って
あなた

い、いや行った方が……

ジン
ジン
いいから
((ぎゅっ))ハグ
あなた

ふぇ!?

ジン
ジン
お前、震えてたから
あなた

いや大丈夫です。はなして

ジン
ジン
ダメ
あなた

や、やめて

ジン
ジン
ねぇ君さ………