無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第14話

過去
9











うちわ『あなたなんていらない』










声『あなたガチ無理。』










ネット『ジャニーズにおんなとかないわ。』










そんなことを書かれていた。










でも、今こうして明るくできるのは 










メンバー、お兄ちゃん。他の人もだけど










たくさんの人のおかげ。










田中『お前はここにいるだけで意味があるからな。』











松村『俺らがあなたを必要としてる。』










京本『辛かったら逃げていいんだよ。居場所はあるから。』










ジェシー『おれあなたのためならなんでもするよ。頼って。』










森本『周りなんて見ないでいいよ。俺らがいるから。』










髙地『次は俺が助ける番だね』










山田『いつでもおいで。あなたのお兄ちゃんだよ?甘えまくりな』










そう声をかけてくれるみんながいるから今のわたしはいるんだなぁ。










-たくさんの壁を乗り越えている紅一点-