無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

たいがくん
5










『たいがくんっ!しんちゃん何欲しいって言ってたっけ?』










京本『んー、忘れたっ!!!!』










『じゅりくんのはー??』










京本『んーわかんない!でもしんたろのは思い出したよ!』










『なになに!!』










京本『おにぎり!』










『そっれだー!』










あっただいまコンビニへおつかいです










『へへっ買えたね〜!』










京本『んねっ!じゅりのまじ忘れたっ〜笑』










『ごめんねしたら大丈夫!じゅりくん優しいもん!』










京本『だねっ!』










楽屋着










京本『買ってきたよ〜』










『配りまーす!!』










『ジェスはこれ!!』










ジェシー『うおっ!ありがとー笑』










『これがほくとくんとゆごくん!!』










ゆごほく『ありがと!』










『これしんちゃん!!!!』










森本『あなたからの愛は入ってる?』










『もっちろん!』










森本『ははっありがとう笑』










『で、じゅりくーん。ごめんね』










田中『ん?なーに?』










『何買うのか忘れちゃった』










田中『おーいいよ。何買ってくれたの??』










『あなたと同じの!』










田中『最高じゃん』










『ほんと!よかった!!ねったいがくん!』










京本『だねっ』










-やまきょもに甘い田中-