無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

じゅりくん
3










『じゅりくん!』










田中『なーに?』










『ヘヘッ何もなーい!』










田中『構って欲しいんでしょ?』










『バレてたー笑』










田中『おいで』










そう言ってサッとスマホのポケットに入れるじゅりくん










『かっこいい』










田中『急になに笑』










『彼氏にするならじゅりくんみたいな人がいいな〜』










田中『なにそれ!無理!まじで可愛い!!!!』










『ねーえ!しー!!!』










田中『ごめん笑でも俺悪くないだろ』











『悪いし!じゅりくんしーだよ!』










田中『だーからっ!!その言い方すら可愛いんだよ!!』










-デロ甘じゅりくん-