無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

team SixTONES
続き










田中『あっあなた宛てだよ』










『なになに!!!ほくとくんよんで!!』










松村『あっ俺なんだ。えーと、ラジオネーム あなたしか勝たんさんから。おじさんたちはあなたちゃんが大好きなんですね。まぁ私の方が好きですが!!!!!だそうです』










『ありがとうございますっ!でもツッコミどころが多い気が笑』










田中『まず言わせて!?俺が世界で一番あなたのこと好きだから!!!!!』










松村『俺の方が好きだけど』




 





『えーつっこむのそこじゃない!笑』










田中『え、どこよ笑』










『じゅりくんと北斗くんはおじさんじゃない!ってところ!』










松村『んーまぁ俺らまだ20代だもんな』










田中『まじで!!俺らお兄ちゃんだから!!!』










松村『ちげーよ笑』










『じゃあ娘?』










松村『俺の子供あなたってことになるよ?笑』










田中『うわっほくと、だから娘好きなんだな!』


 







松村『だからちげーって!笑』










『娘嫌い?笑』










松村『でたよこの流れ笑』










田中『言えよ!娘きらい?』










松村『だあああああ!好きだよ!娘は大好きだよ!』










-お決まりの流れ-