無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

1,006
2020/01/10

第6話

『……やっぱり秘密です』⌒♡。.
宮野 瑠奈
宮野 瑠奈
今にして思えば、あの時のセリフは、進学する気はなかった……、という意味だったんですね
間宮 アズサ
間宮 アズサ
で、で、で?
瑠奈っちがアイツに惚れたワケは?
宮野 瑠奈
宮野 瑠奈
じ、実はその翌日、また学校で倒れてしまいまして……その時にまた助けていただいて……///
水谷 北斗
水谷 北斗
晴也が人助けを……?
間宮 アズサ
間宮 アズサ
そんなことで好きになったの?
宮野 瑠奈
宮野 瑠奈
ち、違います……!
その時、ハルちゃんと話した時に──。
あっ……
水谷 北斗
水谷 北斗
なに?
間宮 アズサ
間宮 アズサ
瑠奈っち?
宮野 瑠奈
宮野 瑠奈
……やっぱり秘密です
水谷 北斗
水谷 北斗
えっ
間宮 アズサ
間宮 アズサ
ハァっ!?そこまで言っといて!?
宮野 瑠奈
宮野 瑠奈
はいっ!
 秘密です。あの日君が言ったこと。
だって約束ですから。

私はちゃんと覚えていますよ
あなたは覚えていますか?

同時に私は、その時感じた背中の体温を
思い出していました。