無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第37話

🐯


~ ジョングク side ~




あなたの声が聞こえた時


俺は今しかないと思いそいつから離れることが出来た












でも気づけばナイフは


俺の腹に深く刺さっていて












じ ょ ん ぐ く
じ ょ ん ぐ く
 ん'' …ッ 
て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 刺しちゃった ㅎㅎ






こんな狂ってる奴に


あなたなんか取られたくないのに












そのまま目の前が見えなくなった













「 え ?! 大丈夫ですか?! 」











→