無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

🐯


探してたって言われても、



私じゃなくてもいいじゃん …














て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 で、返事は ?
あ な た
あ な た
 えっ …?
て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 付き合ってくれんの ?
あ な た
あ な た
 そんな …






テヒョンさんは悩んでる私を見て



鼻で笑いながら














て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 まぁ嫌だとしても 
て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 付き合ってもらうから ㅎ ㅎ







この人、、やばいよ 。 。











あ な た
あ な た
 でも、、私の事なんにも知らないじゃないですか 。
て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 これからだよ ㅎ ㅎ







そう言って



無理やり抱きしめられて











て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 ほら、これでもう俺のだよ 。あなた ㅎ




→