無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第32話

🐯
じ ょ ん ぐ く
じ ょ ん ぐ く
 はーい 





「 宅配便です 」















じ ょ ん ぐ く
じ ょ ん ぐ く
 多分家じゃありませんよ 




「 あ、間違いでしたか ? 」



「 一応中身だけ確認頂けないでしょうか 」












じ ょ ん ぐ く
じ ょ ん ぐ く
 あ、分かりました 





こんな朝から来ることあるんだと思い


時計を見ると 9:40 だった









あ な た
あ な た
 やばい …まだ眠いなぁ 。






いつの間にか自分は


夢の中に落ちていた



→