無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第22話

🐯
て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 は? お前だれ 
あ な た
あ な た
 グクさん、、っ!






グクさんが助けに来てくれた、!


なんて思っていたら











 いきなり髪の毛を引っ張られて








て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 他の男の名前呼んじゃダメでしょ ?
あ な た
あ な た
 や … 助けてっ、、





グクさんは心配するような目で


私を見てくる











じ ょ ん ぐ く
じ ょ ん ぐ く
 こんなことして、、 
じ ょ ん ぐ く
じ ょ ん ぐ く
 最悪だな、お前 。





テヒョンさんはグクさんに近づきながら












て ひ ょ ん
て ひ ょ ん
 別にいいじゃん ㅎㅎ 






テヒョンさんの手には


小さく光るものが見えて










あ な た
あ な た
  …グクさん、、逃げてっ!




→