無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
489
2021/06/22

第1話

prologue
ある日の朝


1人のオタクの女の子が


目を開けたその先には











🐰「おはよ、」














『んっ、』











🐰「ちゅっ」








『もぉ〜、テテやめt、、』




『え?』













🐰「テテ?夢でも見たの?




  テテは










  あなたの推しなのに____」











私の大好きな推しでした____
















『🌩え?なんで、ぐうくんがいるの?夢?』
















‘朝起きたら推しが彼氏になっていました’