無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

@
あなた

そんな 〜 、嘘ですよ 笑

ミンギュ先生
ミンギュ先生
結構俺本気だったんだけどな 〜 、笑
先生は笑顔を浮かべているけど 、それはすごく悲しげ。
あなた

先生 、ちょっとこっち来てください

ミンギュ先生
ミンギュ先生
うん 、
あなた

もうちょっと近づいて

どんどん近づく先生 。
あなた

もうちょっと 、

耳打ちが出来るくらい近づいたところで 、告白した。
あなた

私ほんとは先生のこと大好きです

わかりやすく顔を真っ赤にして恥ずかしがる先生 。
ミンギュ先生
ミンギュ先生
冗談はよせよ 〜 笑
真っ赤な顔でそう言ってるけど 、ほんとは嬉しいのくらいわかる 。
先生のほっぺをつまんで言う 。
あなた

ほんとですよ

ミンギュ先生
ミンギュ先生
じゃあほんとだったら先生にキスしてみて
先生はキスされたいだけ 。
好きな子にね 。
その望みは私が叶えてあげた 。
チュッと先生の唇にキスを落とした 。
さっきより更に顔を真っ赤にしている先生。
耳まで真っ赤 。
茹でたタコのように 。
あなた

これでもう私たち両想いですね 、先生

ミンギュ先生
ミンギュ先生
そうだね 、
顔を真っ赤にしてまだうつむいてる先生が可愛すぎておかしくなりそうだった 。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

한 열  .
한 열 .
Say the name . 아리아나 , 엔시티 , 세븐틴 , 소미언니가 좋아하는 여자에요 .
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る