無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第2話

@
皆が部活に向かったりする中 、私は教室に残る 。
スマホゲームをしていると 、ミンギュ先生が入ってくる 。
少し意地悪してやろう 。
そう思って先生に気付いてないフリをする 。
ミンギュ先生
ミンギュ先生
お 〜 い
先生が声を出しても気付かないフリを続ける 。
ミンギュ先生
ミンギュ先生
俺って見えないのかな 、、
私に見えていないんじゃないかって心配になって泣きそうな声の先生 。
もう気付いてあげようかな 。
あなた

先生 、居たんですか

ミンギュ先生
ミンギュ先生
ああ良かった 、見えてないのかと思ったじゃん 〜 、、
涙目でそういう先生 。
歳上なのに 、先生は可愛い 。
そこが 、好き 。
いや 、全部が好き 。
今日こそ告白してしまおうか 。
でも私は恋には奥手なタイプだからそんな事出来ない。
やっぱり 、言おう 。、
あなた

先生 、

ミンギュ先生
ミンギュ先生
なに ?
あなた

先生のことが 、

ミンギュ先生
ミンギュ先生
先生のことが ?
あなた

す 、、

ミンギュ先生
ミンギュ先生
す 、?
あなた

す 、好きじゃないです 、、

ミンギュ先生
ミンギュ先生
え 、ショック 、、
先生は悲しげな表情と声でそう言った 。
それってどういう意味 ?
先生も私の事好きなの ?
期待しちゃうじゃん 。
あなた

先生 、

ミンギュ先生
ミンギュ先生
なに 、?
今にも泣きそうな表情で弱々しく言う先生 。
まるで捨てられた子犬みたい 。
あなた

先生って私の事 、どう思ってますか 、?

ミンギュ先生
ミンギュ先生
可愛い 、守ってあげたくなる子
あなた

でもそれは教師としてですよね 、?

ミンギュ先生
ミンギュ先生
違うんだ 、あなたに限っては 。
期待しても 、いいかもしれない 。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

한 열  .
한 열 .
Say the name . 아리아나 , 엔시티 , 세븐틴 , 소미언니가 좋아하는 여자에요 .
青春・学園の作品もっと見る
公式作品もっと見る