無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第89話

『サセン』 # 11



目が覚めると周りは何も無くただ、透き通るような緑色が辺り一面に広がっていた。





ココはどこ?








そうだ私、ジミンを庇って刺されたんだ。






目をつむって見ると、病室にあるひとつのベットに眠る私と、その周りでメンバーたちが私に声をかけている光景が見えた。


早くメンバーたちに会いたい。でも、無理だ。





どうやったらいいの…?











👼
あなたさん?
(なまえ)
あなた
…え?
(なまえ)
あなた
あなたは誰?
👼
私はココの者です。あなたに何があったか覚えてますか?
(なまえ)
あなた
…はい。
👼
あなたはどうしたいのですか?
(なまえ)
あなた
私は…
(なまえ)
あなた
みんなの元に帰りたい!
👼
(*ˊ꒳ˋ*)
👼
では、これからも頑張ってくださいね。
(なまえ)
あなた
…はい!








そうすると、辺りは霧におおわれた。










メンバーの元に帰りたい


















恐る恐る、目を開けてみる。











じみん
じみん
あなた!!
(なまえ)
あなた
じ、、みん、、?
じょんぐく
じょんぐく
!!!!!
ほそく
ほそく
…( ´ •̥  ̫ •̥ ` )
なむ
なむ
……よかった、、
じん
じん
あなたやぁ!。・゚・(ノД`)・゚・。
ゆんぎ
ゆんぎ
心配したんだからな
てひょん
てひょん
(´இ□இ`。)°
(なまえ)
あなた
みんな、、
じみん
じみん
ごめんね、あなた。僕のせいで…ホントにごめn……
(なまえ)
あなた
大丈夫、だよ?☺️
ばんたん
ばんたん
うわぁぁあぁ(´πωπ`*)(´;Д;`)
(なまえ)
あなた
泣かないでよ…ㅎ







生きてて、良かった。














天使さん、ありがとう。。












ジミンを刺そうとしたサセンはその後、警察に捕まった。













それから私も、リハビリを頑張った。




メンバーたちも毎日お見舞いに来てくれる。




armyのみんなもとても心配してくれて









私は幸せ者だ…