無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第125話

番外編🐰


だいぶ遡りマース←





『新しいメイクさん』#10 位からですかね?←








それでは、番外編🐰はじまるよー!(( ↓




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━




































ソヌ(新しいメイク)さんに虐められるようになって今日で何日目だっけ?ㅎ



















もう心身ともに限界だよㅎㅎ















メンバーからは無視されるし






















私を信じてくれる人なんて誰もいないよね…





























じょんぐく
じょんぐく
あなた…
(なまえ)
あなた
……ぐく?
じょんぐく
じょんぐく
…僕は信じてるから












ほんとうに、ほんとうに信じてくれているの?


























グクは嘘を言う人じゃない
















そう分かってるのに、今は誰も信じれない…

























(なまえ)
あなた
…ありがとう☺️






















そう一言放って部屋に入った





















部屋に入って数時間後



















プルルルル📱











こんな時間に誰だろう






(なまえ)
あなた
はい、もしもし
医者
もしもし、あなたさんですか?
医者
ごま油病院の医師です




ごま油病院









おばあちゃんが入院してるところ…








医者
先程、お婆さんがお亡くなりになられました
(なまえ)
あなた
………え
医者
最期まであなたさんのことを心配されていました
医者
それから…
医者
お婆さんが最期に、あなたさんにとお手紙を預からせていただきました
医者
どうなさいますか?
(なまえ)
あなた
……明日、取りに行きます
医者
分かりました
(なまえ)
あなた
ほんと、お世話になりました
医者
ご冥福をお祈りします







プチッ















おばあちゃん……


















私を置いて…










(なまえ)
あなた
う、うわぁぁぁあぁぁ





その場に崩れ落ちるように泣いた












どうして










どうして私を置いてったの……