無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第135話

番外編🐰



『嘘くさㅎ』__




















そぬ
そぬ
えッ、、どうして、、、?
そぬ
そぬ
ユンギさんはグスッ信じてくれないんですかッ?
ゆんぎ
ゆんぎ
俺だけじゃない
ゆんぎ
ゆんぎ
メンバー全員、信じてないから
そぬ
そぬ
…は?
なむ
なむ
まんまと騙されましたよ
じん
じん
ソヌさん、ほんとガッカリだよ
そぬ
そぬ
え、そんなグスッ
ほそく
ほそく
嘘泣きはもう通じませんよ
じみん
じみん
大切な幼馴染傷つけといて、よく嘘なんてつけますよね
てひょん
てひょん
人間としてどーかしてるんじゃないですか?






.
























じょんぐく
じょんぐく
これ以上、僕のあなたに近づかないでください
(なまえ)
あなた
……グク
ばんたん
ばんたん
Wow…
そぬ
そぬ
僕のあなた?バカバカしいㅎ
そぬ
そぬ
嘘がダメなら本当にすればいいのよね?








そう言ってソヌさんは私から包丁を奪い自分自身の腕に近づけた






























(なまえ)
あなた
ダメ、、、!