無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第127話

番外編🐰


おばあちゃん……



















┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈










じょんぐく
じょんぐく
………














┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈











翌日












バチンッ



















(なまえ)
あなた
ッッ
そぬ
そぬ
あんたを見るとイライラする!
そぬ
そぬ
さっさと消えてよ!









消える






















その方が楽なのかもしれない





















おばあちゃんにも会えるし

















もういっそのこと、楽になりたい



















私は無意識に屋上へ行った

















柵に手をかけてまたごうとしたけど



























『待って____』

























そんな声が聞こえた




















振り向くとそこにはあなたがいた





























じょんぐく
じょんぐく
あなた…



















私の名前を言うグク





















そんな悲しい顔で見ないでよ

























死ぬのが…嫌になっちゃうじゃん…ㅎ