無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

今日、昼寝で見た恋夢。【実話】
にーちゃん
ZZZ…
作者
作者
兄ちゃん起きろー…
私は眠りにつく。
注意⚠
・あまり記憶が曖昧なので付け足してます
・キャラ崩壊
・作者は発狂する妄想変態ショタコンです。
・嫉妬はメンヘラちゃん級
・BLは好きだがオリジナルキャラにしねぇと嫉妬するゾ
・エマノマは嫌い(俺だけのノーマンがああぁあ!!!!ってなるから)
・レイファンクラブ第1号
それでもいいなら下へ
気が付くと、目の前に…


エマ、レイ、ノーマンがいた。
私は何故か戸惑わない。そう、私もハウスの一員になっていたから。
私達は何故か広い廃校の校庭らしき所にいる。
するとこんな放送が聞こえる。何か、校長先生みてぇな。







「今から全国共通でゾンビから逃げてもらう!そんでうんたらかんたら…」





いや、これRPGのゾンビゲームやん!
すると、何故か私の家のベランダにいる。



そっか、ゲームだからスタート位置とかあるんだ。マイ〇ラみたいな…しかも、全国共通だから友達の家とか乗り込めんだ。
そうだ、私よく夢でゾンビに噛まれんのやだから飛び降りてたっけ。ここ5階だし。
すると、早速ゾンビが来た。…
作者
作者
いやぁあぁああぁぁ!!!ノーマァァン!!!!さすがに推しのゾンビに噛まれるのは無理いいい!!!
てかゾンビって死んでるからやだああぁ!!!
飛び降りる꙳★*゚
すると、さっきのとこにいる。何か、めちゃくちゃ汚くなってる。植木鉢がひっくり返ったり。
作者
作者
そうだ、これって色々生き残ったりしてる奴が色々装備手に入れてゾンビを倒しに行くゲームだったのかぁ…
またゾンビ来た。………
自殺するとライフは減らないらしい。でも、復活すんのに1週間はかかる。私のライフはあと3つ。
作者
作者
生き残んないと…
作者
作者
いやぁあぁああああああああああああああぁぁぁ!!!!レイきゅうううん!!!何でぇぇえええ!!!!
さすがに好きだからって自分から噛まれるのは嫌!!
飛び降り✩.*˚
また元の位置…あれ?テープレコーダーが落ちてる。
聴いてみよ。
レイ
レイ
…リィラ…生きろ…好…き…だ…
作者
作者
( ˙_˙ )
…………



















作者
作者
( °_° )
作者
作者
いやぁあぁあああああああぁぁぁ!!!!
好きって言われたあああああ!!!!
そして私は、装備を見つけ、たくさんの仲間を引き連れ、レイ達の所に行った。
レイは生き返っていて…




エマが助けたらしい。



…チッ…エマめ…
作者
作者
あー!レーイー!仲間に入れてー…
何これ。レイ達デカすぎ。




何か、私たちが2センチで

レイ達が150センチみたいな。
レイ
レイ
あー、わりぃリィラ、小さい奴は仲間に入れらんねーんだ
作者
作者
………
何かもエマの仕業だぁああ!!!!
もう嫌あぁぁぁ!!!!
すると、急にどこかにワープして、平凡な家にいた。
なんと、レイ達と義理の兄弟になってたのだ。
エマ
エマ
ねーレイ〜!
エマがレイの肩にあごをのせる。







ずりぃぞエマ!!!!
作者
作者
あー!レイー、何の本読んでるのー?リィラに読み聞かせてぇ〜!
エマを押しのけるようにレイにきゅっとくっつく。
ノーマン
ノーマン
そーだよ、レイ〜✨僕にも教えて?
私はレイの右肩に、ノーマンはレイの左肩にいる。


フフフ(´^∀^`)フフフ…これでエマの居場所はない!
ざまぁねぇな!
作者
作者
レーイー…?
耳元でつぶやいてみる。( ´∀`)フハハハハ!
ハニートラップだ!
エマ
エマ
ねぇ!レイ!なにエ□本読んでるのー!!!
作者
作者
はっ?
ノーマン
ノーマン
えっ…
中身を覗くと、確かに…うん、やばい…
レイ
レイ
何だ?リィラは読み聞かせて欲しいのか?
作者
作者
(○口○*) ポーカン
いやいやいやいやいやいやいやいや!!!!エ□本読み聞かせるなんて!新婚のお父さんじゃないんだから!!!
レイ
レイ
じゃー読むぞ、えーと、童貞に美女子校生が「部屋に来て…私…耐えられないの…」とつぶやき、それを察した童貞は美女子校生を監禁してセッ…
作者
作者
いやぁあぁああああああああああああああぁぁぁ!!!!
真顔で読むレイが怖いよおおおおお!!!!












このまんま、私は部屋の隅でうずくまるしかなかった。







次の日。レイは別の本を読んでいた。



よっしゃ!行くぞ!
作者
作者
ねぇレイー!…レイあったかーい
素早く抱き着き頭を擦りつける。
あくる日も、何度もレイにアプローチした…
ある日、エマに私の特等席は取られていた。
作者
作者
ねぇーレイっぼおふっ
レイに拒絶を含んだ顔で手で押し返された。
作者
作者
ねーレイったらー!
前に進もうとしても手で通せんぼ。
何故か…エマの頭を撫でながら本を読んでいる。
作者
作者
レイ…?
するとエマがレイに見えないように悪意のある含み笑いをしてきた。








…何で?






死にたい。







エマに嵌められた。
作者
作者
ううっ…ぐすっ…ふぇええ…
私はみんなの居る部屋の隅で泣いている。でもだれも気にかけない。




気付くと。
レイ
レイ
仕方ねぇから、この本読み終わるまでな…
レイは私を撫でながら抱き着かせてくれた。
レイが後で教えてくれた。

エマがしつこく抱き着いてきて、絶対にはなれないと。わたしを抱きつかせると、強く掴んでくるから怖かったと。
作者
作者
ありがとう、レイ…︎💕︎
ずっと好き…大好き…!!!!















作者
作者
はっ!
作者
作者
ちっ、夢か…