無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第17話

カフェ下野
あなた

(プーさん?
???下野?シ モ ノ ?)

あなた

えっ?

梶裕貴
梶裕貴
あなた

あのっカフェってえっと…

梶裕貴
梶裕貴
そう。ひろたっ、下野さん家だよ
あなた

(ひろたんってまぁいいか)

あなた

えっでも下野さんは知ってるんですか?

梶裕貴
梶裕貴
ううん知らないよ
あなた

いいんですか?

梶裕貴
梶裕貴
いいんじゃない?
あなた

そんな曖昧な!

梶裕貴
梶裕貴
大丈夫 大丈夫下野さんだから
あなた

(えっえー)

そんなことをインターホンの前で話していると

ガチャッ
下野紘
下野紘
何してるのゆうたん?
あなた

あっ

下野紘
下野紘
えっ?
梶裕貴
梶裕貴
下野さんこんばんは
下野紘
下野紘
ん?こ こんばんは
下野紘
下野紘
じゃなくてゆうっ梶くんこの人って
下野紘
下野紘
あなたちゃん!?
あなた

あっそうですけどどうして知ってるんですか?

下野紘
下野紘
そりゃもちろん梶くんから ぐぅッ
梶裕貴
梶裕貴
なんか言った下野さん
下野紘
下野紘
んーんー
パァ(下野
下野紘
下野紘
はぁ
まぁどうぞ
梶裕貴
梶裕貴
お邪魔しまーす
あなた

お邪魔します。

下野紘
下野紘
とりあえずどっかソファにでも座って
下野紘
下野紘
あなたちゃんそんなに固くならないで
あなた

はっはい

下野紘
下野紘
梶くん手伝って
梶裕貴
梶裕貴
はーい
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
下野紘
下野紘
ねぇなんでうちに来たの?
梶裕貴
梶裕貴
なんとなく?
下野紘
下野紘
なにそれ
梶裕貴
梶裕貴
だって夕飯には時間早いし
下野紘
下野紘
ゆうたんうちはカフェじゃありませんよ
梶裕貴
梶裕貴
えっそうなのひろたん
下野紘
下野紘
嘘でしょゆうたん…
梶裕貴
梶裕貴
嘘だよw
そのあとは三人でゲームをして
気づけば8時をまわっていた
下野紘
下野紘
そろそろお開きにしようか
梶裕貴
梶裕貴
えーもう?
あなた

そうですよそろそろw

梶裕貴
梶裕貴
わかったよひろたん
あなた

ww

梶裕貴
梶裕貴
どうしたの?
あなた

いや、仲いいんですね

下野紘
下野紘
えっ?
あなた

だって呼び方が

梶裕貴
梶裕貴
あーついねあなたちゃんの前ではちゃんとしようって思ったんだけどね
下野紘
下野紘
俺もだよ
あなた

そろそろ帰りましょうか

梶裕貴
梶裕貴
うん
梶裕貴
梶裕貴
じゃあねひろたん
下野紘
下野紘
うんバイバイゆうたん、あなたちゃん
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
作者
作者
今日はここまでで
作者
作者
おやすみなさい

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

みーたす
みーたす
声優さん大好きです。 小説を書くのは初めてなので少し心配ですが 私の単なる妄想なので心の広い目で見てくれると嬉しいです!
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る