第3話

事務所





どっ💧どうして私は事務所にっ?!
記憶がない……………

恐ろしい。誘惑って恐ろしい…。←









(マネージャー)じゃあ話があるから こっちに来てー💕

(晴)あ、あのっ……

(マネージャー)大丈夫!!!緊張しなくても、この私が着いてるからっ!!!!!

(晴)や💦そのそうじゃなくt……

(マネージャー)この先、事務所の先輩たちのポスターいっぱい貼ってあるよー✨

(晴)えっ✨うそっ✨ うわーっ!!!ほんとだーっ!!!かっこい……









…………ん?? "事務所の先輩たち"??

待って?! もう事務所に入る前提で話が着いてる進んでる?!?!?!

ダメダメダメダメ!!!!💦 やっぱり、ちゃんと言わなきゃ!!!










(晴)あぁの!!!マネージャーさん!!

(マネージャー)おおおお!!!!もう、僕のこと「マネージャーさん」って言ってくれるんだねぇーー♡かぁわいいなぁーーー サイコ〜❤

(晴)かっ、勘違いしないでくださいよっ!!!

(マネージャー)わっ、ツンデレキャラか!!!! いーねー👍 最高なキャラだよう❤ ←全て都合の良いように聞こえる。








くっそぉ………この人 ダメだぁ……💧







(マネージャー)あ、もうすぐで紹介したい人たちがいる部屋だよー♫

(晴)………。








不意に私達の横を通り過ぎた人を見ると……








(晴)え"ぇ?! 紫耀くんだっ?!?!

(マネージャー) ?? どうしたの??

(晴)あぁ💦いえっ!!なんでもないですっ









そ、そうか。ここは事務所。この今私が歩いているこの廊下を、偉大なるスターたちが歩いているのか……








そう思うとただの廊下が輝いて見えた。






(マネージャー)おーいっ 何止まってるのー??

(晴) ハッ なんでもないです









思わず、止まってしまった。











(?1)あ、マネージャー!!

(マネージャー)おー みんなっ

(?2)話って何??

(マネージャー)いやぁ、ちょっと紹介したい子がいて…







この声……………って もしかして…








(マネージャー)えーとこの子は… あれ??名前なんだっけ??

(晴)あぁ……えっと、藤原 晴です

(マネージャー)みんなに紹介するよ!!今日から君たちのグループに加わる 藤原 晴くんだよ!!!











グループに………… 加わる………??
誰が……?? 私がっ?!?!?!?!







(晴)えっ、わたs…… お 俺(?) まだ事務所に入るって決めたわけでもないのに💦

(マネージャー)まぁまぁまぁ どーどーどー
はいっ、じゃあ君たちも自己紹介してねー💕












(SixTONES)どうもー SixTONESでーす













やばい。これは……ほんとに……… いろんな意味で……………

やばい。