無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第104話

96話



そんな楽しい楽しいお泊まりは終わって気づけばもう 始業式で。




当然私たちは登校も一緒にした。




お互いに手を繋いでね。



そしたら



👩「あ〜、あんたらほんとに付き合ったのね笑笑」


なんて言って ちゃかしてくる じうん。



🐰「なんか以外な組み合わせだったな笑笑」



とか言って 少しだけ暗い表情をしたように感じたのは私の勘違いなのか ___ .








🦁「さッ!!あなた! じうん! じょんぐが! 今日は始業式だから早く下校できるよッ!!みんなでカラオケ!!」



なんて騒ぐ てひょんをみんなで見れば



🦁「……?」


🐰「そう言うと思った笑笑」



👩「それ笑笑」


『うん笑笑』





🦁「ふふッ笑 でしょ〜?笑笑」



『うん笑笑』








next