無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第108話

100話





『はぁ……』




暗い空間の中 1人でため息をつく。




きっともう校舎に誰もいないだろう。




誰も見回りにも来ないここは誰にも気づかれないような場所だもの




相当な変わり者しかこんな所通らないだろうし。



きっと今 てひょん達怒ってるんだろうな



そう思うと申し訳なさと悔しさで涙が溢れる。









そんな時 なぜか頭に浮かんだのは














じみな だったなんて今の私には絶対に言えない ____ .









next