無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第122話

114話



朝学校に行くと みんなニヤニヤしながら聞いてくる




《なんか進展あった?笑笑》



なんて。



なんの進展なのだろうか



『別に?』


なんて答えるとみんな顔を見合わせて



《うっそだ〜!!》 って



いやいや、私たちほんとに何も無かったんです( ˙-˙ )




すると 後ろから声が聞こえて




🐥「おはよう あなた」



なんて言ってくる じみんに対して



👨《おッ?ご本人登場か?!》



とか言って笑ってた。



🐥「そんなんじゃねぇよ笑笑」



なんて言っといて自分で照れてる じみん氏は何なんでしょうか?( ˙-˙ )




すると 肩をとんと叩かれて後ろを振り返る





🦁「あなた!!おはよう!!」





そう言って 笑顔を見せる てひょん。





『あ、おはよう!!笑笑』




なんて私が返すと




今度は じみん の方を見て




🦁「フッ笑笑」


































🦁「やるじゃん笑笑」 だってさ。






そんで じみんはそれに対して







🐥「まぁな笑笑」








とか言っちゃってるし









いつからこの2人は仲良くなったのでしょうか☜









next