無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第101話

93話

🦁「いらっしゃい!!」




なんて言いながらにこにこしている てひょんの後ろで



🐨「ん?なんだ、てひょんお客さんでも呼んだのか………」




🐨「ッ?!」




🐨「あぁ、ひょん邪魔だったりするか てひょな( ˙-˙ )」









🦁「いや、大丈夫ですよ笑」




『あ、初めまして……!』



🐨「あぁ、初めまして。僕はてひょんの兄の きむ なむじゅん と申します。」




とか言ってめっちゃ姿勢の良いお辞儀されました。




🐨「しかし、てひょなが女の子を連れてくるなんてね笑笑」




🦁「ちょっと〜!それ言わないでッ!!笑笑」




『え?!てひょん頻繁に女の子に会ってたの( ˙-˙ )』




🦁「え、違う違う笑笑 その逆ね!!笑笑」




『あぁ笑笑』




🐨「なにか飲み物持ってこようか?」




なんて聞かれて まだ何も発してないうちにお茶持ってきてくれる兄とかなかなかいませんよ てひょん氏( ˙-˙ )☜は




🦁「さッ!!あなた、今日あなたを呼んだのには 特に意味は無いッ!」



いやは( ˙-˙ )


『う、うん笑笑』



🦁「でも!! 会いたくなったから、呼びました!!」



『あ、はい笑笑』



🦁「そして」





















🦁「一緒にゲームをしましょう!!」



なんて言って にこにこしてるから軽く天使( ˙-˙ )☜は






next