無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第109話

101話





『ッ…………!!』




あぁ、神様は意地悪だ。



なんでこんな時に じみなの顔が頭をよぎるのか。



どうか私をこれ以上





























最低な人にしないで _____ .














私は涙を流しながら願う宛もなくいた。






しばらくすると 暗い空間でも分かるぐらい外が暗くなった。






あぁ、もうみんな家に着いて今頃夕食でもとっているんだろうな。






情けなくお腹がなる。






『このまま見つからなかったりして……笑笑』






力なく笑う私は人生で1番情けない顔してる。
























ガッ







🐥「…………おい」








あぁ、ほんとに
















私はじみなのそういう所が嫌いだ ___ .







next