無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第79話

75話




🐥「こんな女々しいやつがいいのか?笑」





『ッ!!』




そう言われた瞬間私はその場で じみなのことをビンタしていた。








🐥「………ッた」





『最低!!』




『あんたなんか……』




『あんたなんかッ!!』















『もう顔も見たくない!!』






そう言うと私はすぐに鞄を持って映画館を出た。





その道中、ぐくとじうんが2人で外で待ってたみたいだけど何も言わずに通り過ぎてしまった。


















しばらく歩いた。





もうここがどこかも分からない。





大きなクリスマスツリーが街の中にたっている。




その場にベンチがあったからとりあえず座ってみる。




すると















🦁「ねぇ、勝手に居なくならないでよね笑」


なんて微笑む てひょんがいた。










next