無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第159話

137話




『え………』



で………びゅー………?



🐥「まぁ、あなたに言ったところで、どうでもいいよな………笑笑」



そ、そんなこと………



『………なぃ……』




🐥「?」




🐥「どうしたn…」




『そんなことない!!』




私は思いっきり じみん に向かってそういった。




🐥「あなた………?」





やっと分かったこの気持ちは














きっと誰にも止められない _____







next