無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第64話

62話





🦄「僕ね、君達みたいに学生時代たくさんの友達とこうして遊んでたんだ。」




🦄「そしてやっと冬休みになった!!そう思って友達の家で毎日のように遊んだ。」





🦄「そして楽しい日々を過ごしていてふと」







🦄「カレンダーを見たんだ。」






🦁「ごくり……」






🦄「そしたら」















🦄「始業式の日だったんだよ」







🦁「ぎゃぁぁぁああああ!!」







🦄「そして僕は何も勉強しないまま行ったもんだから当時の先生にめっちゃ怒られた」





🦄「ッて話!!」





🦁「そ、それは嫌だぁぁぁぁあ!!」




👩「それって……」




🐰「ただ単に」







🦄「そうッ!!僕が最後の日まで何もやらなかったってことさッ☆」






いや星飛ばしてるけど結構やばいこと言ってるよね😇







next