無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第110話

102話



『変わり者……さん………』




🐥「は?」




いや、ほんとにあなた














いつも変わってるよね ___













普通だったらこっちの道は遠回りになるからみんな避けて違う方行くのにさ







『ッ……』






今私はきっと最低な人間だ






だって






あんなに じみなに酷いことをぶつけた私は
















貴方に安心して泣いてるから ____ .







すると じみなは私に少しずつ寄る。










『…………』





🐥「俺………」














🐥「お前に触れられない」



『………え?』



🐥「だって今俺が触れたら」





















🐥「お前は嫌いな奴に抱きしめられるんだぞ?」







next