無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第147話

132話



🦁「ねぇ あなた.」




『?』




🦁「僕がこんなに暖かい大事な思いを束縛しててほんとにいいのかな……」




『え………』



🦁「だって 僕のこと、ほんとに好きじゃないでしょ」



『そ、そんなことは……』



🦁「ううん、嫌でもわかるよ。」



『…………』



🦁「君はきっと じみなが好きでしょ?」




『いや、違うッ!!』



そう言って私は手を握ろうとするとそれを断るように 声を出す てひょん。



🦁「あのね あなた」



『…………』




🦁「僕 あなたのこと大好きなんだ。きっと誰にも負けない!!って………思ってたんだ……」




🦁「でもそのうち 大好き だからわかる事があるんだ……」




🦁「それが ” あなたがじみなの事を好きだってこと ” 」




『ッ………』




🦁「だから……」




🦁「僕のことは」






















🦁「辛くなったらいつでも傍にいる 薬だと思ってくれていいから………」






next