無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第56話

54話



じみんstory.





👩《じみな……?》




🐥「………………」



👩《ねぇってば!!》



🐥「あ、うん、何?笑」



👩《なんか隣の家めっちゃうるさくない?》













やべぇ 隣の家といえば あなたの家( ˙-˙ )







🐥「そ、そうかな……あはは……」





👩《私ちょっと行ってこようかな》





🐥「あぁ!!だめだめ!!」






そう言って俺は部屋のドアをおさえる。





👩《………?》




👩《なんで?》




🐥「あ、ちょっとね……笑」




👩《隣の家……知り合い?笑》




🐥「あ、いや……」



👩《それじゃあいいじゃん》






そう言うと僕のてはあっけなくはらわれた。






きっと隣の家があなただって知ったらなにかとめんどくさいことになるんだろう。






んで、家に戻ってきた 今日の女 は





👩《ね、ねぇ……》




🐥「……だからオススメしないって言ったのに」




👩《隣の家って じょんぐく君なの?》




🐥「………は?」




👩《なぁんだ!!なんで言ってくれなかったの!!》




どういうことだ?




隣の家は あなたしかいないはず



同棲……してるとか……?!



いやいや、だめだ














…………とか、今の僕には合わせる顔もないんだから言う資格がないんだけどね








じみんstory end.












あ、ちなみにその玄関から出た時の ちょんじょんぐく と言えば





ガチャ




👩《あのお宅の家はしずk……》




🐰「あの、なんすか( ˙-˙ )」







👩《あ、いや、なんでもないです………》




🐰「そうですか……」





って感じだったのよね( ˙-˙ )



でも じょんぐく君があまりにも いけめんすぎて少しだけこの女の子 自分の目でフィルターかけて美化したようね☜は