無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第77話

73話



しばらく硬直したままだった。





私も……



てひょんも………







そして




じみんも………




じみんの隣にいる女の子はクラスで1番ぐらいの美女としてしられてる女の子で




👩《あれ?あなたちゃんとてひょん君達?!》



なんて言って 手をふりふりしている



正直言うと可愛い。




『こ、こんにちは……?笑笑』



👩《2人でいるけどもしかして……!!ふふっ笑笑》



なんて言って にやにやしてる女の子。



『別にそんなんじゃないよ笑笑』



そう言うと


👩《そうなんだ!!私は今日 じみなとデートなの!!》



なんて少しだけ頬を赤らめて言う女の子。



でも私は知ってる。



あなた だけじゃないんだよ






じみなは毎日違う子といるんだから。






そう言いたかった。





だけど、言ったらどんな顔をするのだろうか




そう思えば言う気にもなれなかった。




👩《そういえば、さっきからかたまってるけど じみなとあなたちゃんって知り合い?》




そう聞いてくる 女の子。



ほら、貴方何もじみなのこと知らないじゃん。





重々しく口を開いたじみなは















🐥「ううん、知らない。」















🐥「ただ単に家が隣で……」















🐥「赤の他人だから。」







私は何も言うことが出来なかった。





確かに今の私はあなたにとって





ただの他人にしかすぎないのかもしれないね ___






そう思うと何故か






涙が止まらなかった





するとね




人間の友情の力っていうのは時に凄いものに変わる。












てひょなは隣で今まで聞いたこともないくらい低い声で





🦁「いい加減にしろ。」



確かにそういった。






next