無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第132話

121話




その後は てひょんと変なたわいもない話をしながら帰った。



そして 朝が来るとそこには やっぱり てひょんがいて



すんごく びっくりするぐらいの声で



🦁「おはよぅぅぅぅう!!」



なんて。




つい笑ってしまう。



けれど





























いつも元気をありがとう。
















私はそれから毎日が始まる。





そして 学校に行けば





🐰「今日もらぶらぶかよ笑笑」




👩「ほんっと!!笑笑」




なんて言って笑う2人がいて



それがなんとなく幸せな気がして



そして最近は



🐥「おはよう」



そう言って 合流してくる じみんもいて



今はそれが普通になってきたんだ。



けれど それが ” そのままが良かった ” だなんて願いに変わるのなんて



今の私には































知らなかったんだ _____ .






next