無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第37話

36話




んで、迎えた終業式。




一睡もしていないせいか立っていると ふらふらしてくる。




👩「ちょ、あなた大丈夫?」



なんて こそっと 声を掛けてくれる じうんはきっといい子だ( ˙-˙ )☜




でも















バタッ










👩「あなたッ!! あなたッ!!」





🦁「あなた?!」






🐰「おいッ!! しっかりしろッ!!」






?? 「みんなどけ」





















??「僕が運びますから」



最後の聞こえた声はいったい誰だったのだろうか





でもこの声は最近聞いた気がする





昔と変わった声みたいで













ん……? むか、、し、、?







next