無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第102話

94話



そんで、しばらくゲームして遊んでたわけよ( ˙-˙ )



ちなみに 遊んでたのはなぜかオーバーウォッチ( ˙-˙ )



いや、カップルでさ、オーバーウォッチとか聞いたことないよ?お?( ˙-˙ )☜は




んで、


🦁「あなた〜」



なんていきなり呼ばれたと思ったらさ



カシャとかいう効果音聞こえたわけよ。



まさかと思ってみたけど



🦁「ねぇ見て笑笑 あなたの顔事故ってて草」



とか言ってとことん馬鹿にしてくるんだが( ˙-˙ )



え?一応私今貴方の彼女( ˙-˙ )




🦁「ねぇそんな怒んなって!笑笑」



『いや怒るでしょ( ˙-˙ )』



🦁「もうッ!!」















🦁「写真越しで見るよりも1番表情の変化が見える自分の目に映ったあなたの方がいいって言ってんのに笑笑」





『なにそれ笑笑』




🦁「あ〜可愛い!笑笑」




🦁「ねぇ あなた!!」




『ん?』




























🦁「今日泊まっていきなよ」



なんて てひょんが言えば



それを偶然聞いた なむじゅんさんはお皿割ってたからね、うん( ˙-˙ )



🐨「俺は何も聞いてない 俺は何も聞いてない( ˙-˙ )」







next