無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第18話

17話



てひょんの話を聞いた瞬間、私の手を掴んで じみんのいるクラスの3組まで足を運ぶぐく。




『ちょ、どうしたの?』





🐰「ねぇ、ぱくじみんはどこだ」










🐥「俺だけど?」







🐰「お前………」







🐰「これ、俺のだから。」







そう言って自分の所へと肩を寄せるぐく。






『え……?!』






当然 教室中はざわざわしている。






🐥「………勝手にすれば」





🐰「いいのか?お前のいちばん大事なものはなんなんだよ」





🐥「俺は………」














下を俯きながら じみんは









🐥「あなたのことなんて昔から」















” 大嫌いだ ” _____









next