無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第62話

60話




🐰「んじゃあ次俺ね」





🦁「うんッ!!」




👩「ん.」





🐰「最近自分の気持ちに余裕がない。」




🦁「僕あるよ?分ける?」







いやは( ˙-˙ )








🐰「俺みお前みたいになりたいとは思ってるけど分けられても困る笑」





🦁「えぇ笑笑 そんじゃ必要になったら言ってねッ☆」





いやあんた あんぱんまn……((殴





🐰「それでさ、そいつに強くあたっちゃったり、顔によく感情が出やすくなったんだ。」




🐰「もしかしたらそれで誤解されてるかもしれないし、怖がらせているかもしれない」




🐰「だから……」













🐰「ごめんなさい。」




そう言って確かに 私の方に目を向けていた。




” 大丈夫だよ ” と言おうとしたけどその時に





🦁「ねぇ誰に謝ってるの笑」




とか言ってて一気にムードがぶち壊されたよね☜





もう君は黙っていてくれ😇☜切実






next