無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

11話




まぁひとりで帰るよね、うん





するとさ、後ろから足音聞こえて振り返ってみたらさ





🐥「あ………」





なんて言ってめちゃくちゃ気まずい相手来てるし、てか私たち家隣同士だから遠分このままだよねって話( ˙-˙ )☜









私が足の速度を速めると






🐥「…………おい」






ビクッ





『は、、、い、、、?』







🐥「お前…………」










そう言ったかと思えば







『ひっ……!!』







私のことを いつかのあの日 のように






壁ドンしてきた彼 ____






ねぇじみん














あなたは何がしたいの ___ ?







next