無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第46話

45話



じみんside



俺は1人で音楽を聞いていた。



するといきなり なにかが家に侵入してきた音がした。




🐥「なんだッ?!」



すると








🦄「あんにょぉぉぉぉぉぉぉんッ!!」





🐥「ほ、ほそがひょん……?」




🐭「お前の髪型変わったっていったらみるって聞かなくて笑」




🐥「そ、そうなんだ………」




🐭「んで?」




🐥「え……?」















🐭「 ” 俺の ” お姫様のことはちゃんとお世話してくれたか?笑」












うん、気づいてた。





ひょんは














あなたのことが好きだものね ___









🐥「…………」




🐭「まさか喧嘩してそれどころじゃないと?笑」




🐥「…………」





🐭「そうか………」







🐭「それじゃあ」
























🐭「これからは俺に任せていいぞ.」





ほら、また僕が正直に言えないせいで あなた が遠のく _____







きっと一連の事をした僕の報いだ ___










じみんside end.




next