無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第82話

78話





じみんside




🐥「……ッた」




今……




俺はあなたにぶたれたみたいだ





そしてあなたはその後早足にその場を去った。





👩《ち、ちょっと大丈夫?!》





🐥「………………」





👩《ほんッとに最低よね!!大丈夫よ、じみなには私がついてる!!》





そう言って僕に抱きついてくる。





あぁ、暑ぐるしい。





僕の手は勝手にその子を拒んでいて




🐥「ごめん……今はちょっと……」



👩《あの子のせいなの……?》


🐥「…は?」



👩《あなたちゃんにぶたれたから私の事拒んだの?》



🐥「ち、ちがう………」



👩《じゃあどうして?》






僕も分からない




でも今の自分が1番思っていることは








🐥「初めてだったんだ」






🐥「あいつが俺をぶったの」






今の俺は本当に何をやっているんだろうか




そしてもう1つ言えることがある



それは













今の俺よりもあいつのほうが遥かに





あなたとの距離が近いということ ___





 





じみんside end.




next