無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第116話

108話





てひょんside





ごめんね あなた。





僕ね、あなたに一つだけ
















嘘ついてることがあるの _____ .















僕 ぱくじみん の事結構前から知ってたんだ。





あの時僕はとぼけていたけれど






ほんとは 結構知ってた。






🦁「今日はここに女の子とでも来たの?笑笑」






🐥「違うよ、今日は男友達と」







🦁「そっか」









🦁「ねぇ どうして君はさ」



























🦁「そんなに自分の事を隠したがるの?」








🐥「隠してなんかないよ」





🐥「ただ自分が弱いだけだから」






🦁「へぇ」






🐥「なんだよ……」






🦁「それじゃあ これからもずっと隠し続けるの?」























🦁「あなたの事が好きなことも」








🐥「ッ………」





🦁「あなたが悲しんでてもずっと知らんぷり。挙句の果てにはまたそれを繰り返す……」





🦁「そんなのって……」



























🦁「なんだか昔の僕を見てるみたいで嫌だ」











next